熊野古道を歩く

ここでは、熊野古道を歩く に関する情報を紹介しています。
プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング

プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
以前の書き溜めの一部である。
久しぶりに 天候の良い日に熊野古道を歩いた。 バスでの往復。 昼食を取った場所に サクラがすでに咲いていた。 「 寒緋(かんぴ)桜 」 と云う種類であるそうな。
RIMG0005.jpg
このサクラは つぼみが下を向き 沖縄などは年中咲くというらしいが・・・? 
謙虚に下を向きながら 多くの方々にいつでも楽しみを与える ・ まさに私のようですと恥じらいもなく語り部のタマちゃんは屈託なく笑った。 楽しい山歩きになりそうという予感があった。



もうひとつ熊野古道がよく分からない
RIMG0014.jpg

いろんな道があるが 全てが続いているとも思えないし ここには峠がいくつもあり それらが熊野古道として 世界遺産に登録されている
RIMG0009_20130317181750.jpg
今日歩いたのは 松本峠から木本町集落を抜け 獅子岩 浜街道 花の窟まで
峠のてっ辺には 昔は茶店が2軒ったらしい そして大きなお地蔵さん
RIMG0015_20130317181752.jpg

峠をちょっと横切れば 七里浜の絶景が・・・右の町は木本町
RIMG0020_20130317181921.jpg

やはりこの道を歩くには気が引き締まる
大昔からの道には 苔がないところもある 「ここは紀州藩主・後の徳川吉宗が 喧嘩両成敗で作らせたが 作らせたところにはまだ苔がありません こんなところもぜひ見て欲しい」 とタマちゃん

時節柄 旧街道にはお雛さんを飾っている場所も多い
もう不要となったものが自然と集まるのだとのこと
RIMG0024_20130317181923.jpg RIMG0040_20130317182100.jpg RIMG0028_20130317181924.jpg

この七里浜に津波が襲ったらと思うだけで寒気がするが
最近の大きな台風でも 波の高さは20mもあったらしい
そういう写真も 街中にはいろいろ掲げられ この地域をみんなで紹介している

その後 獅子岩を通り抜け 延々と続く七里浜を歩くが こんな素晴らしい海岸は遊泳禁止らしい 小石の浜なのだ
RIMG0031_20130317182101.jpg
RIMG0032_20130317182102.jpgRIMG0033_20130317182103.jpg

最後に花窟(はなのいわや)神社にお参りする
日本書紀では伊弉冉尊(イザナミノミコト)と記されており
日本神話の大地母神であり、人間の寿命を司る黄泉津大神とネットで見た
RIMG0034_20130317182220.jpg RIMG0035_20130317182221.jpg
高さ45mの岩から 縄が繋がっており それを持たしてもらい
いろんなことを祈った

熊野古道を歩いたのは 今回が初めて
もっとこういうところも歩いてもいいね!

最後にこんな写真も 語り部のタマちゃんは72歳なんだって!
RIMG0021_20130317182222.jpg RIMG0012_20130317182223.jpg
熊野古道を知ってもらいたいのと 健康のためなんだって!!

塩谷さんは
今日は熊野古道を満喫した
明日も元気です


スポンサーサイト
FC2ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。