夫婦二人で 別々のお通夜に参列

ここでは、夫婦二人で 別々のお通夜に参列 に関する情報を紹介しています。
プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング

プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
昨日は夫婦の結婚記念日のことを ちょっとだけ書いたが読み直してみても なかなか思うことを伝えきれていないという感じであり
犬も食わない夫婦のことなんか おもしろくもなく・正確に伝えたいということでもないので こんなもんで・・・・・ と思うのみ  
でも何度読み返しても文章へただネェ!

そんな夫婦が 夕方別々にお通夜に参列のために同時に家をでた
私は先日も書いた ある利用者さんのところへ行く
女房殿は 近い親戚の叔母さんのお通夜
女房殿の行き先は 明石海峡大橋の近くであり 夜11時過ぎに京都駅に向かいに行ってきた  詳しいことは 根掘り葉掘り聞かないので定かではないが
余命宣告を受けてまだ早すぎたか でも天寿はまっとうされたのだろう

天寿のまっとうは私が参列した先生のお式でも同じだった
この先生 カトリックだったんです
先生の入浴支援の後 この教会のすぐ近くの方にも入っていた
時間待ちではいつもこの教会の駐車場横で待機していたが
教会の内容はなにも知らなかった

この教会に初めて入ってみて その広さにびっくりするとともに厳か感を抱く
ネットで見ていると その歴史もよく理解できたし
それだけ他の教会とは違う雰囲気も解るような気がしたものだ


ここからは個人的な意見のみで 教会や各信者さんなどに不快な思いをさせることがあれば まず始めにお断りしておきます
この方面のことは知らない・未熟なだけで他意はありません

牧師さんが 外国人だということ
TVなどでよく聞くあのインネーションのとおりである
利用者さんの基督教式の葬儀は 過去3度ほど参列させてもらったが
全てがやり方が違う
過去の式では その方が敬虔なクリスチャンでありそういう雰囲気が伝わった

先生のそれは 私たちがそう思わないある種意表を疲れた感がある
なぜそのように思ったのか?
医学博士であり高名な名誉教授で多くの書籍も上梓されておられるが
ご本人いわく 一番売れて好きな本が 「私家本 仏像遍歴」という書籍
一度ご自宅で見せてもらったが 私には“ううんっ”という程度
今もアマゾンなどで売られている

凡人の私には それ以上のことは分からないが おそらくこの世界の深みを感じられていたのだろうか?
特別な抑揚もなく淡々と教会式の式が進行するなかでは 賛美歌がつきものであるが 今日のは私たちが知るポピュラーなものではない

私の後ろのほうでは やさしいソプラノで賛美歌が聴こえてくる
どの教会でも 必ず歌の上手い方はおられる
その方の独唱を聞いてみたいという感じを持つほどの・・・

また教会のオルガンの音色も本当に落ち着くもの
一緒に歌えればなぁと ただ聞き入るのみ
牧師さんのお話も 葬儀のしおり本を皆に渡してその次第にそって行われたが
参加した中でも始めて・・・・・・・・・・・・
そうか カトリックの式は初めての参加かもしれない

近親者のみで済ませますというご家族のご意向で
教え子もほんの少しだけであったが
一緒に行った ヘルパーは奥さんや娘さんたちといろんな話をしている

なんで? と聞いたら
ほぼ最後のとき支援に何度も入り 
ご家族さんともいろんなお話しをされていたとか
特に奥さんは私も一緒に入っていたときから 「主人は ●●さんが一番良い」などと絶対の信頼をおかれていた
言い換えれば 他のものは必要らないということだったのだろう

「最後にきっちりと支援をしてくださる方がおられて 主人も満足だったんでしょう」 こんなヘルパーって本当に幸せ者
私にはできない 私はご家族さんのご希望の方向付けは得意であるが
直接利用者さんにそう思っていただける介護は間違っても出来ない

でも私が先様に役立ったとすれば 
そういうヘルパーを直接紹介できたことか

最後に 「葬儀のしおり」はご返却くださいとのアナウンスがあり
私の後ろのほうで ソプラノで歌っておられた方が回収されていた

やっぱり教会の関係者も兼ねておられる方だったんだ
そういえば前回の参列でもそうであったし そういう人がおられることが必要なんだ 
でも決して “さくら” という人たちではないことは確かだが・・・・・

●●さん ご冥福をお祈りします

塩谷さんは
今日もマイ仕事を無事終えました
明日も元気です


スポンサーサイト
FC2ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。