亡きおふくろに関して・・・・・

ここでは、亡きおふくろに関して・・・・・ に関する情報を紹介しています。
プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング

プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
今日は1月23日
一昨年90歳に4ヶ月ほど残して亡くなった おふくろの誕生日である
存命であれば 今日が91才になっていたはず

「60まで生きれたら良いね!」と子供時代によく聞いていた言葉
私が社会人になったころから 病弱であったのも病抜けをしたのか?
それからのおふくろは比較的元気になっていった

亡くなるまで 認知症とはほど遠かった
亡くなる半年ほど前から 病院に入院しその環境の違いから少しおかしくなった時もあったが 姉との間では亡き後のことなども託していたようだ
おそらくいろんなことを 姉との間で相談していたのだろう

亡き後のことなども姉から聞いた
ほとんど無い財産についてもきっちりと分けていたようだ
日々接していなかった私には そういう衰えてゆくなかで今後を考えた親の姿を思うとき なんとも云えぬ感慨がある

そんなおふくろが亡くなったことを伝える 喪中ハガキには 
次のように綴った
普通の喪中挨拶とはちょっと変わった内容も 
おふくろにも伝えたいという想いがあった



 過日9月1日に 母 塩谷綾子が89歳で
旅立ちました
葬儀に際しましても 本人の希望もあり 子供
たち・孫たち夫婦やひ孫だけで済ませました
思えは母との間には いろいろな想い出も多く
ありました 私がまだ子供時代に「60才まで
生きれたら良いね」と当時は病弱であった母の
その言葉が 今も脳裏に鮮明にあります
 数年前に綴っていた 様々な思いを棺の中に
そっと収めました 私のなかで 思いを伝えら
れたという満足感がありました
その文面の数倍 何十倍もの想い出が 今も私
の記憶の奥に残っています
 その母を長年支えてくだった多くの皆さん
そして病のとき支えて皆さん方に 心よりお礼
申し上げます
n   従いまして 年末年始のご挨拶を
n      ご遠慮申し上げます

時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます

nnn平成23年11月
nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn塩 谷 隆 好


今日久しぶりに このハガキを再度読み直した
新規事業についても 「ぜひ見守ってね!」とお墓でも手をあわせた

以前から思っていることだが 一度夢の中にも出てきて欲しいなぁ
平安時代には相手が強く思っていないと 
その人の夢の中には現われなかったと云われるが
でも現代は 私が思っているのに 夢の中で語りたいと思っているのに・・・・・  難しいものですね!

プロデッセの塩谷さんは
今日も無事仕事を終えました
明日も元気です


スポンサーサイト
FC2ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。