農場確保ままならず・・・・・

ここでは、農場確保ままならず・・・・・ に関する情報を紹介しています。
プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング

プロデッセとは
PROfessional DEaler of SErvice」
(「人にやさしい」サービスを提供できる専門家集団として・・・)
という意味合いの造語ですが、
単純に 「プロでっせ!」 と呼んでもらっても、なんら問題はなし。
プロフェッショナル【professional】 ディーラー【dealer】 サービス【service】
今日土曜日は ここしばらくの寒さが嘘のような 明るい日差しが
けっこう寒い中でも 日中降り注いでいた

そんななかある方と 現在物色中の亀岡の農場現場を視察した
雨も降らず 再度確認するには最適の1日であった

障害者の方々となにかをしようとすると まず反対が先にたつ
当然障害者がご近所をうろうろされると 事故でも起こればと思われるのも一理あるが そういうことを事前には通常は意識しないものであろう

子どもたちが 走り回り交通事故にあう可能性もあり 子どもはこの地区には入って欲しくないとは 誰も云わないし・また思わない
でもこれが障害者なら そういうことはありえても不思議ではない

障害者を意識的に差別しようとは 今ではかなりなくなってきたが
「田舎ではまだそんなことを云うの?」 みなそういう風に思いがちだが
田舎の古い体質が・・・・・という人たちほど 気づいていないだけである

以前 現在の西京都方面のヘルパー事務所を移設するときに
私は なんでと絶句した記憶がある まだ3年足らず前のことであるが・・・
不動産会社が良い物件を出してくれ 「○○ころにご連絡ができると思います 管理組合のOKを取ってから連絡しますから・・・」

「塩谷さんごめんなさい あの物件OKをもらえませんでした  先方曰く 以前に決めていた方が再度借りたいということだの説明を受けました・・・」
「そんなことないやろ・・・」 優先権はこっちあって当然である
体のいい断りであるが 障害者分野のヘルパー事務所というだけで・・・・・

車椅子の方やその他障害のある・普通の方と違う方々が マンションのテナント部に入られたら・・・・・・・・・・・・と云うのだろうが
一般には ヘルパー事務所はヘルパーの溜まり場で 障害者とは関係ないが
障害者の方々と係わるというだけで この過敏な反応

今度の業務は まさに障害者とともに農業を実施し
その障害者の就労を訓練してゆく場である

障害のある方が当初は10名程度であり 職員が2~3名ほどか
それだけの人数が出たり入ったりでは後期高齢者が中心の集落では落ち着かないということは分からなくはないが・・・・・

そういう障害者たちが 
本当になにもできない厄介者なら・・・なんだが  それは違う!
ただそういう人たちのためにも 共同ですべきことは率先してやってゆくことを 短い時間では十分に伝えることができない

でもね 
一生懸命やろうとしている者がいる反面 誤解される人たちがこれほど多いのかと改めて考えさせられる

障害のある方って 出来ないこともなくはないが いろんなことを与えられれば 通常の人と同じようにできる能力は有しているのが大半である
ただ出来ないことはやはりあるが
それは健常者だって同じであり 手が上に上がらない人に真上にあるものを取って云っても出来ないが ちょっとサポートするだけで 他の能力が生きる

そういうもんなんですよね

今日同行した方も 出来ないことは多いかもしれないが やりたいという意欲は大いにある そういう人なら自分で工夫することを学んでゆくだろう
これは私が過去から 一緒に仕事をしてきた障害者から学んだことである

そういう方が 私たちの新しい職場から巣立つ日を注意深く
見守ってゆきたいが
そのためには まずそういう体験のできる場の確保である

プロデッセの塩谷さんは
今日 このあとも無事支援を終えました
明日も元気です


スポンサーサイト
FC2ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
麻生泰AGAのコメント
はじめまして。麻生泰AGAです。
本当に福祉ボランティアには感動させられます。
2012/12/31(月) 16:53 | URL | 麻生泰AGA #USldnCAg[ 編集]
今年も残すところあと90分あまりになりました。いろんなことがあったこの1年。コメントを頂戴しましてありがとうございます。
私がやろうとしていることは、福祉ボランティアではありません。株式会社を立ち上げました。当然営利法人です。とは云え、当面はこの業務では収益は上がらないでしょう。他の分野の収益をしばらくはつぎ込まないと・・・・・
でもいつまでも、担当する障害者も甘えてもらってはいけない、自分たちの食扶ちは、障害があろうが自分たちが稼いでゆく必要もあります。そういう意味であえて、福祉就労でなく一般就労を目指しています。
ただ出来ないことをやらないとダメとは云いません。
その人の能力の100%は出して欲しいとは思っています。地域社会には、高齢者・子ども・生徒・学生・障害者などがいろいろ住んでいます。そういう地域が強くならないと、国は滅ぶ方向に動きます。障害者だからといって全て福祉に頼ることではないと思っています。ただ出来ない・しづらい部分への手助けは当然です。そんな形で障害者とともに仕事を作ってゆく予定です。
またいろいろ教えてください。
2012/12/31(月) 22:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。